ホーム»恋愛に関するタメになる記事»恋人の居ない方向け»恋人の居ない男性向け»彼女を作る方法» 可愛い彼女を作るにはどうすれば良いか?自己の持つ意思の力を最大限に発揮

可愛い彼女を作るにはどうすれば良いか?自己の持つ意思の力を最大限に発揮

夜のホテル前での熱いキス彼女を作る方法

自己の持つ意思の力を最大限に発揮し可愛い彼女を作る。

どうせなら可愛い彼女を作りたい。選べる立場になりたい。

工場で働いている女性はモテますが、彼女を作りたいのであれば、誰しもそんな数少ない女性の中から選びたいとは思うわないことと思います。もっともっと多くの女性と知り合い、その中から自分が気に入った女性を彼女にする

たとえば親身になって話を聞いてくれる人を相手にした時、その人に対して嫌悪感を示すことはほとんどないと思います。
しかし、人の話を聞かずに一方的に自分の話ばかりする人を相手にした時、その人に対して嫌な気持ちを持つ人も多いでしょう。

人と言うのはある程度確立された行動パターンがあります。
そこの本質をついていけば、女性から恋愛感情を持ってもらうことも、慣れればテンポよく出来るようになっていきます。

結局恋愛感情も人間心理の1つですので、誘導することは可能と言うことになります。この方法を体で身につけてしまえば、いくらでも女性に恋愛感情を感じさせ、彼女を作れる状態なってしまいます。

しかし、このパターンは人によって微妙に異なってきます。

ミーハーな女性を振り向かすのが得意な人もいれば、控えめな女性を振り向かすのが得意な人もいます。

アウトドアでノリがよい女性が得意な人もいれば、真面目なタイプが得意な男性もいるでしょう。

性格によって押しに弱い人、押しに強い人、恋愛体質な人、そうでない人色々いますので、百発百中というわけにはもちろんいきませんが、自分が得意な相手に得意のパターンを発動
させると、ある程度相手の恋愛感情をコントロール出来るようになってきます。

自分がどうなりたいのか、どういった女性と本当に付き合いたいと思うのかが重要なのです。

自分が望まないことの結果がついてくることなどありえません。
もう一度言いますが、たとえ今まで一度も彼女が出来たことがなかったからと言っても、「顔も良くて性格も良い女性」と付き合えないなんてことは絶対にありません。

自分自身がそう思ってしまえば無理でしょうが、別に日本一金持ちになるとかそんなことを宣言してる訳ではありませんので、全然余裕で叶う願いであります。

私は二回り以上離れた年下女性と普通に付き合いましたし、それは自分自身がそういった女性を求めて、普通に出来ると意識を変えたからであります。

意識さえ変えれば、いくらでも自分のタイプの女性と付き合うことは出来ます。
まずは自分の中に眠った弱気な自分を変えることから始めていくのが、可愛い彼女を作る方法となります。

恋愛意識を変える(実現は想いから始まる)

彼女を作ること自体はそれほど難しいことではありません。

出会い系サイトなど、主にネットで数多くの女性にアプローチしまくって、そして、恋愛教材や当サイトに書いてあるような、女性を振り向かす勉強をして、1~2ヶ月実践すれば、普通に彼女はつくれます。

そもそも男性でまともに恋愛サイトを見て勉強している人なんて、1割もいませんので、当サイトで彼女の作り方を学んで実践するだけで、他の男性と大きく差をつけることが出来ます。

その差は容姿の差など、いとも簡単に吹き飛ばしてしまうくらいです。

恋愛の本質は相手の女性をワクワクさせることです。意識しなくても自分の事ばかり考える人が多いですが、恋愛は相手のことを考えてするものです。

好きな人が出来たり女性を追いかけている時は、この視点を持つことが出来にくくなるのですが、恋愛の本質に気付き始めると、相手目線で考えていくことが出来るようになっていきます。

そして人生の実現における本質は、想いがあるかどうかです。

人間「想い」がなければ何も実現しません。

この日本に道路が溢れているのは、砂利道で不便だった日本に道路があれば便利だと言う「想い」があったからです。

身近なものでもそうです。あなたが今そこにいて、今の環境を手に入れたのは、「そうなりたいと言う想い」があったからです。

当サイトを見ている方は、彼女が欲しいと言う「想い」があったり、「恋愛に対する何かしらの想い」があったからであります。

もっと単純な話、ラーメンを食べている時も、ラーメンを食べたいと言う想いがあったからになります。もちろんこの場合は付き合いで行った場合もありますが、大抵はそうだと思います。

それでは、彼女が今までいなかった人に可愛い彼女を作れるかどうかを問うて見た場合、その想いがどれだけ強いかにかかってきます。あなたのルックスや収入や身長やトーク力ではありません。もっともっと本質的な所では、その想いがどれだけ強いかにかかっています。

世の中には耳が聞こえないようなハンデを背負った人でも、偉業を成し遂げている人は沢山います。

その人たちが偉業をなし遂げたのは他でもない、とてつもなく「強い想い」を持っていたからであります。

そしてその想いが当然という気持ちに変わった時、実現は間近になっていることになります。

日常生活で当たり前に出来ること、自転車に乗ることや、もっと言えば歩くこと、スマホなどを使うことも、最初はすんなりとは出来なかったはずです。

しかし「出来て当然」という気持ちにまでなれば、もうほとんど努力することなくても、物事は達成されるのです。

よって恋愛に話を戻して考えますが、可愛い彼女を作るには「自分には出来て当然」と思うことが重要になりますが、強がりや思い込みだけでそれをしても、あまり効果はありませんので、
前段階の可愛い彼女を作る」と言う想いを強くするこが大事になります。

脳は無意識のうちでも働いていますし、無意識の潜在意識でも活動していますので、想いが強くなればなるほど、脳はそのことを考え、「可愛い彼女が出来て当たり前」と思うようになってきます。

そして、それに対する理由が明確になればなるほど、ますます可愛い彼女は出来て当たり前という状態になります。その理由を明確にするのは、多くの普通の女性を振り向かせて実践を積んで行くことが近道になります。

そのためにまずは、モテる男性を目指していき「いつでも彼女を作れる状態」まで恋愛スキルを上げるようにしていきましょう。

いつでも彼女を作れる状態を目指す(万物共通の惚れさせ方)

人間の欲求の実現は「想い」によって作られるので、まずは「可愛い彼女を作りたい」と強く想うこと、そしてその次に「可愛い彼女は出来て当然」とまで無意識に想えるようになるのが、可愛い彼女を作るにおいて重要なことと書きました。

さすがに可愛くて性格もよい女性となりますと、それなりに男性からアプローチされてますので、すんなり振り向かすことは難しいです。

しかし自分に振り向いて当然、他の男性に負けるはずがないと言うのを無意識で感じられるようになると、実際美女でも振り向かせられるようになるものですから、意識を変えていくのはやはり重要になります。その意識を変えられるようになるためには、普通の彼女なら作れる男性になっていくのが近道になります。

ようするに恋愛の勉強をして、モテる男性を目指していくのが、意識を変え、可愛い彼女を作る近道になると言えます。

可愛い彼女の作り方は、普通の彼女の作り方の延長線上にあるとも言えます。これは美女でも彼女に出来ると言う意識改革をするための重要なステップアップになります。

しかし一言にモテる男性と言っても色々なパターンがあります。

クールでニヒルな男性もモテますし、圧倒的な金持ちもモテますし、誰もが羨む面白トークが出来る人もモテます。

兄貴肌の人もモテますし、優しくてしかも引っ張って行ってくれるような男性もモテる男性と言えるでしょう。

とは言えこのようなニーズに全て応えられる男性にはなれません。

「兄貴肌で、爆笑トークが出来る、クールでニヒルな人」なんて、想像もつかないでしょう。相反する特徴でもありますので、全ての要素を持つのも不可能です。

よって、容姿や財力やトーク力が群を抜いて秀でている訳でもない私たちのような男性は、人間の本質をついて誰もが心の奥底で求めてるような人物になるのが一番手っ取り早いと言えます。

人間が心の奥底で求めているのは共感です。人は自分のことを知ってほしい、分かって欲しいという欲求を持っています。

これがいわゆる承認欲求なのですが、この承認欲求を満たしてくれる人に人は嫌でも惹かれるように出来ています。

どんなに顔がタイプでない女性であっても、手に取るように承認欲求を満たされれば、外見を重視しがちな男性でも、その女性に落ちてしまうのです。

よって自由にいつでも彼女が作れるモテる男性を目指していきたいなら、この承認欲求を満たしてあげる男性を目指していくのが最強の1つになっていきます。

承認欲求を効果的に満たしていくには、ある程度女性から信頼され心を開いてもらう必要が出てきます。

 順序的には、

  1. 相手の「喋りたい要求」を発動させる
  2. お話していて心地よい男性の位置づけになる
  3. 寂しい気持ちを埋めてあげる
  4. 居なくてはならい存在になる

このような順番で心を開かせることが出来れば、承認欲求を満たした時に、ほぼ間違いなく自分を彼氏レベルにまで昇格させることが出来ます。

これに関しては「美女」とか「可愛くて性格のよい女性」とか関係なく、全ての女性、ひいては全ての人間に当てはまります。

まずはこの全ての人に共通する惚れさせ方を習得し、いつでも彼女を作れる状態を目指していくようにしましょう。

これがスムーズに出来るようになると、可愛い女性や美女でもひるむことなく、どんどん自分に心惹かせて行くことが出来るようになります。

このスキルを身につけるために、とことんまで聞き上手になることを追及していきましょう。

聞き上手になるには(深い話を引き出し共感する)

女性から彼氏候補として見てもらうためには、いかにして聞き上手になれるかにかかってきます。

たとえ容姿が悪くても、相手の話を引き出すスキルがあれば、いかなる人とも親密な関係を築くことが出来ます。

ただしこの聞き上手ですが、ちゃんと理解している人が少なく、間違った知識で実践されている方もいます。

今回は、この聞き上手に対する本質を掴んで頂ければと思います。

まず聞き上手というのは、単に黙って聞くのではなく、相手から話を上手に引き出すことになります。

この為にはまずは喋ることから始まります。

ただしこの場合の喋るとは、喋り上手を目指すのではなく、相手の話の引き出し上手になることが大切になります。

あまり相手のことを知らないうちは女性が興味を持ちそうな話題、ファッション、音楽、旅行、ショッピング、映画、グルメなどで自分が得意なジャンルの話題を振るのが良いでしょう。

この場合は色々なことを聞いてみて、食いついてきた話があれば、それを深く掘り下げて聞いていくのが基本の会話術になります。

また相手の好きなことや、趣味が分かっている場合はそれに関するテーマを深く聞いていくと、相手を気持ち良く喋らせることが出来ます。

そしてある程度話が盛り上がってきましたら、今度は共感のパートに入ります。

ここでは相手との共通点を見つけ、仲間意識をもたすこで、より一層共感を得られることが可能になります。

しっかりと共感し仲間意識を深めることで、女性の中に居心地の良さ信頼が生まれてきます。

この信頼関係を築き上げることが出来ましたら、恋愛関係へのステップアップの段階にきてますので、次の段階に入るようにします。

しかしここでもう一歩、さらに相手との仲間意識を深める方法をご紹介します。

それは相手がこだわっている所、特に人とは違う部分を認めてあげることです。

人間だれしもこだわりの部分があります。

ここだけは譲れないとか、これだけは許せないとか。

いわゆるその人の中での常識であり、そこを否定されると口論になったり、喧嘩になったりするくらいのことです。

あなたも譲れない価値観や、こだわりとかはあると思います。

たとえば時間にルーズな人が無理とか、小さな約束を守らない人が許せないとか、メールの返事が遅いのがダメとか、損得なしに行動するのが人としてあるべきとか。

そういった自分なりのルールやこだわりを多かれ少なかれ人はもっており、その部分を共感してあげると、強烈に自分に対して信用をしてもらえることが出来ます。

この段階に行くまでには、先ほどもお話しました通り、まずはしっかりと相手の話を引き出して、共感し、そして共通点を見つけ仲間意識を持たすことが大事になります。

この状態になればもう少し深い話、相手のこだわりの部分、人とは違う部分の話を掘り出して聞き出せるようになりますので、そこをがっつりと認めてあげることで、この人だけは分かってくれる人の存在に位置することが出来るようになります。

恋愛の始まりとも言えるこの導入部分をしっかりと決めていくことが、あらゆる女性を彼女にしていく、美女を彼女にしていく、高度な戦術になってきます。

最初はうまくいかないこともありますが、リラックスできる場所、出来れば2人きりで少し照明が暗いような場所で、時間をかけて「聞き上手」を意識すれば、自然とこの状態にもっていくことができます。

相手の深い話やこだわりを引き出すことが出来れば、もうあとは手順通りに進めれば、その女性と親密な関係に持っていけるようにもなりますので、ここのセクションはしっかりと多くの女性で練習して、身につけるようにして下さい。

可愛い彼女を作るのはもうすでにそこまで来ています。

女性から「この人だけは分かってくれる人」の存在までなった後、さらに女性と親密な関係になっていくために、女性の「寂しい気持ちを埋めてあげる」ことをします。

これをきっちりと決めるとことにより、一気に彼氏候補に近付けます。

寂しい気持ちを埋める(価値観の共感)

しっかりと相手の話を引き出して共感し、仲間意識を持たせたあと、さらに追い打ちをかけて、相手のこだわりの部分、人とは違う部分を認めてあげることで、「この人だけは分かってくれる人」の位置にまで持っていけることをご説明しました。

女性と2人きりの状態で、ここまで深い会話ができていますと、既にあなたは女性の中で、他の男性とは違う特別な男性にまで昇格しています。

この状態にさらに追い打ちをかけることで、一気に彼氏候補にまで持っていけます。

それが今回お話します、女性の寂しさを埋める行為です。

女性は基本的に男性に比べて弱い存在です。

男性に比べて力も弱いし、月経も持っています。

よって女性は男性よりも人に頼って生きていかなければならず、もともと遺伝子的に、「寂しさの感情」を男性よりも強く持っています。

女性は男性よりも人とつながっていたいという気持ちを強く持っています。

そして彼氏に求めるものは、もちろんお話を上手に聞いてくれる人、自分のことを分かってくれる人ではありますが、それ以上に寂しさを埋めてくれる人と言うことになります。

女性の浮気で多いのは、「寂しかった」という理由が圧倒的です。この寂しさを埋めてあげるために、男性からさらに距離を縮めて上げる必要があります。

今のままの段階では、他の男性と比べて「自分のことを分かってくれる存在」までで、「好き」とまではなっていません。

ここで次のステップに進むために、「価値観レベル」の共感をしていくようにします。

人にはそれぞれ価値観というものがあります。

そして「価値観のあわない人とは付き合えない」と思っている女性はかなり多くいます。

この価値観と言うのはある程度親密にならないと、話してくれるものではありません。

しかし聞きベースの共感ベースでお話をし、深いお話を聞き出せるようになると、価値観のお話もできるようになります。

例えば、子供は作るか作らないか、お金の価値観、浮気の概念、そして恋人同士のあり方などです。

恋愛に関する価値観は結構人によってばらつきがあり、かつ、はっきりと信念を持っている人が多いです。

2人きりであうだけで浮気という価値観の人もいれば、手をつないだら浮気と言う人もいます。

こういったデリケートな質問に、既に答えてもらえる状況になっていますので、踏み込んで聞いていくようにします。

そして女性から深いお話を聞き出せるようになった後は、女性の価値観に合わすようにしていき、合わしきれないにしても、理解共感していくようにお話をすすめていきます。

特に恋愛に対する話題まで掘り出すことができ、恋愛の価値観を共感することが出来れば、かなり女性はあなたのことを意識するようになります。

しかしここではまだ距離を詰めすぎてはいけません。2人で会って日が浅い段階で距離を詰め過ぎますと、折角打ち解けた関係を離し、警戒させてしまうことになるからです。

しかしこのまま何も発展しなくては、ただの「いい人」で終わります。この「いい人」どまりから抜け出すために、女性に対して違う切り口で責めていくことが重要になります。

もちろんこれは同日に行うようにしていきます。

可愛い彼女を作れるレベルになっていくには、普通の女性を即日でホテルに誘えるくらいの恋愛レベルまで持っていく必要があるからです。

単純な「攻め」や「共感」だけでなく、違う切り口で責めることで、1日の間で色々な方向から親密度を上げることができます。

これによりあなたは「いなくてはならない存在」に、到達することが出来ます。

折角いい雰囲気になっている中、焦って関係を壊すことがないようにだけ気をつけるようにして下さい。

いなくてはならない存在(共感から共有)

お話を聞きだして共感するのは、彼女を作る上でセオリーになる方法ですが、さらに価値観レベルにまで共感を落としこむことで、女性の心にグッと入ることができ、寂しい気持ちを埋めてあげることができると書きました。

今回はここまで女性との距離を縮める段階まで進んだ所で、別の角度でアプローチし、いなくてはならない存在に昇格するようなトークを説明します。

基本的には共感していく部分は変わりません。

  • 女性が話したいお話をさせて共感する。
  • 女性がこだわっている部分を共感する。
  • 価値観の部分まで引き出して共感する。

この3つの共感レベルを達成した後、次は長期の付き合いを意識させる未来を共有していきます。

これを見事に共有することにより「この人だけは分かってくれる存在」から、「いなくてはならない存在」に到達することができます。

それは簡単にいいますと、前向きなお互いの未来の共有になります。

  1. 2~3年後にはどういったことをしていたいのか。
  2. そしてその為にはどういったことをしていくのか。
  3. 自分と共にその未来は実現できるのか。

男女が深い絆で結ばれていくためには、快楽だけでなく、苦労や将来なども共有していく必要があります。

夫婦が絆を強くしていくのも、楽しいことだけでなく、苦労も共有しているからであります。

そのために目の前にいる女性と近未来の夢を語り合うようにしましょう。

具体的にはどういったことを目標としてて、どんな人生を歩みたいのか。その為に自分に出来ることは何なのか。

そして、お互いその夢に向かって評価しあう会を作ること。

これをすることにより、単なる話を共感してくれる人から、一緒にステップアップしていける男となっていきます。

女性同士の集まりで夢を語り合うことなんてほぼありません。男性は夢を語り合ったり、人生を語り合ったりすることはありますが、女性はほぼありません。

だからといって女性が夢を持っていない訳ではありません。

もちろんアバウトにしか持っていない場合もありますし、漠然としか目標を持ってない人も多いでしょう。

本来女性は男性よりも好奇心が旺盛です。そしてよく言われる通り、感情の変化が激しいですし、優柔不断な所もあります。

ですので、あなたはその女性の夢を呼び覚ます役割を務めることで、さらに女性との距離を縮めることが出来るようになります。

それにより、女性のなかで眠っていたワクワク感、未来に対する刺激が呼び起こされていきます。

優柔不断な性格を利用して、夢に対する目標、夢に向かうことの大切さ、自己実現をイメージさせます。

さらに女性の好奇心を利用して、自分の成長を促進させ、素敵な自分の存在をイメージさせます。

そしてその先には、あなたとだから実現出来ると言うことに自ずと築き、自分の中の熱い思いを呼び起こしてくれたあなたに感謝します。

同時に着実に人生にステップアップしているあなたを尊敬し、あなたと一緒にいると、理解者として心地良いだけでなく、成長もしていけると思ってくれるようになります。

この段階にくれば、あなたはもういなくてなならない存在に1日で到達することが出来ます。

狙ってる女性がいる場合、男性が女性に対して、共感に加え、自己実現まで話せる人はほぼいません。

このことにより、あなたはライバル不在で女性と打ち解けあっていくことができ、一見ライバルが多そうに見える可愛い女性をいとも簡単に彼女化していくことが出来ます。

もちろん最終的に彼女にするかどうかはあなたが選べる立場になります。

慣れくれば、共感から共有までのステップを1日でこなすことが出来るようになりますが、別に2日に分けても問題ありません。

しかし、本投稿ではさらなる女性との接近を目指してステップアップする方法をお伝えします。

 共感→深い共感(仲間意識)→価値観レベルの共感→近い未来の共有(自己実現)

ここまででも十分可愛い彼女を作ることが出来るのですが、とどめをきっちりさし、離れられない存在にまですることができます。

女性の感情を揺さぶる(恋する気持ちの刺激)

共感から未来の目標を共有するまで関係を持っていき、強い絆を結ぶ所まで関係を進められれば、可愛い女性をほぼライバル不在で振り向かせていくことが出来るとお伝えしました。

今回はいなくてはならない存在から、いよいよ彼氏にしたいと言う感情まで持っていくステップへと入っていきます。

彼女を作って行くのは体の関係を先にもってしまうのが、一番の近道になります。

大人の恋愛に告白など必要ありません。

女性の話にがっつり共感し、そして人生の目標を共有するようになると、長期的にあなたと一緒にいられる姿を想像するようになります。

女性にとって付き合うにあたって重要な所はこの長期的と言う部分であり、長期的な、出来れば結婚も考えた付き合いというのを重視します。

よって長期を感じさせる関係には、心を開きやすくなり、恋人と言うのも強く意識するようになります。

しかし、ここで足りていない感情があります。それが恋愛においてのドキドキ感であり、恋する気持ちというものです。

この感情を持たすことができなければ、一歩決め手に欠け、いい人どまりで終わってしまうことになります。

その為にはどうしても、体の距離も縮めていく必要があります。

とは言え心の距離が縮まったからといって、いきなり女性に接近するのは不快にさせるだけで、かえって嫌われることになってしまいます。

ですので次にしていくことは、感情を揺らしていくことになります。

恋愛感情を刺激することによって、男を強く意識させ彼氏候補にまで昇格することを目指します。

よく恋愛商材や恋愛のサイトなどで、彼女を作っていくなら恋愛の話をするのが必須事項のように書かれていますが、これは一部正解であり、一部間違いであります。

正しくは何度も申し上げています通り、共感や共有により心の距離を縮めた後にこそ有効となります。

そうでない場合に恋愛トークをしても、「何であなたにそんな話しなければならないの?」という気持ちにさせてしまいます。

現状は既に十分心の距離は縮まっていると思いますので、恋愛トークをすることにより、より距離を縮めることをしていきます。

ここでの目的は心の距離をさらに縮めることでもありますが、本当の目的は体の距離を縮めていくことにあります。

よってそれを意識させるような恋愛トークが重要になります。

具体的にはセッ○スの話になります。

もちろんいきなりダイレクトには聞けませんので、元彼の話や、元彼で不満だったことなどを聞きだし、そしてどんな恋愛がしたいかなどの未来の話をここでもしていきます。

そのことにより彼女の目の前にいるあなたを意識しつつ、本当に自分がしたい恋人とのあり方を、女性に改めて考えさせることが出来ます。

そしてこの流れでキスや性の話を真面目に織りまぜていきます。

「付き合っていくには体の相性って重要だよね。その前に愛情表現とか、キスとかも絶対大事だと思う。」

とかそう言ったことを大真面目に話していきます。

ぶっちゃけ男性は、「好き」とかの愛情表現や「キス」などあまり重視しておらず、過程を飛ばしてさっさとセッ○スしたい生き物でありますが、相手の立場にたって物事を進めるのが、恋愛でもビジネスでもセオリーになりますので、ここでも全力で女性の立場に立つことにします。

女性は「好き」などのセリフや、「キス」などはとても重要であることを熱く話したり、理想の恋人関係を話してきますので、ここでもがっつりと共感します。

そして徐々に話を掘り下げていって、具体的なセッ○スの話もしていくようにします。

女性も性癖というのがあります。大抵の女性がそうなのですが、自分が好きな人には、ある程度強引に激しく迫ってきて欲しいという願望があります。

誤解なきようもう1度言いますが、自分が好きな人限定です。

あなたは既にその立場の1歩前まできていますので、手順を誤らなければ、既にこの日にホテルに行けたり、自宅に連れ込める流れになっています。

人によってはセッ○スの話はそれが済んだ男性にしか決して話さない女性もいますので、無理してセッ○スの話をするのではなく、あくまでそれに関連する恋愛の話を深く共有していくのだということにご注意ください。

無理は禁物になります。

こうして恋の気持ちからくるドキドキ感を刺激することが出来れば、当然目の前にいるあなたもその対象として見てきますので、体の距離を縮める前段階が完了したと言えます。

ここは焦り過ぎず、かつある程度堂々と責めるようにして下さい。

男らしく堂々といくことで、女性は受け入れざるをえない状況に持っていけます。

ボディタッチをしていこう(触りつつ触らせよう)

共感や共有を繰り返すことで心のつながりを深くし、次に感情を揺らしていくことで、恋愛感情やドキドキ感を刺激し、あなた恋愛対象として見るようになっていくと言うお話をしました。

今回はいよいよボディタッチの段階に入っていきます。

何度も申していますが、大人の恋愛では告白よりも先に体の関係を持つことが大切になります。

こうすることにより振られるという一発アウトも避けられますし、付き合っていく上で大事な、体の相性も確かめることが出来ます。

また女性から言わして見ても後腐れがなければ、付き合わなくても、一夜限りの関係でも良いと思っている人は思いのほか多いです。

また付き合うとなると長期的なことになりますが、一夜限りの場合は、その後の生活に影響がなければ、女性も付き合うよりは遥かにハードルが低いと感じています。

しかも体の関係を許すということは、男女の主導権が逆転するということになりますので、より彼女に出来る確率はあがることになります。

よって告白は、男性から見て見れば「百害あって一利なし」の状態になりますので、何が何でも先に体の関係を目指すことが大切になってきます。

とは言えいきなりホテルに誘っても、これまた一発アウトになってダメになれば、告白に失敗したも同然になってしまいますので、全くお勧めできません。

ここでは徐々にボディタッチをしていき、少しずつ手をつなぐ、キスをするなどへと段階を踏むのが重要になります。

具体的には口実を作ることになります。

例えば「手小さくない、ちょっと見せてみ?」とか言う感じで、手を見せてもらい、手をあわせて見るとかです。

その時に触ることが目的だと感じさせずに、「あっ、手ちっちゃ、意外と女の子なんだね」とか言う感じで、イジっていくと、下心を感じさせずに触ることが出来ます。

さらに追い打ちで「頭脳線短くない?」とか茶化すと、手を触られた行為も重く受け取られなくなります。

こうして口実を作りつつ、堂々と触(ふ)れていくことで、身体に触(さわ)られることの抵抗を少しずつなくしていきます。

もちろん通常のトークは深い話、共感、感情を揺さぶる恋愛トークやセッ○スの話は欠かさず続けていきます。

またこの段階まできたら、女性をからかったりしていじって行くこともしていくとよいでしょう。そうすることで相手からのボディタッチも期待できます。

ボディタッチは自分がするだけでなく、実はさせることもものすごく有効な方法です。触らせることにより、よりこちらから触ることへの抵抗を少なくさせていくことが出来ます。

こうして少しずつボディタッチを増やし、触ることへの抵抗がなくなってきましたら、徐々にエスカレートしていき、手を握る、腰へ手を回す、そしていよいよキスするなどへと発展させていきます。

キスへの持っていき方(個室への誘導)

かなり打ち解けあって、恋愛トークも性のお話も出来るようになった後は、徐々に身体に触れていき、また女性からも触らせることをすることで、身体への接触のハードルを下げていくお話をさせて頂きました。

今回はさらにエスカレートさせていき、ボディタッチからキスへと発展させて行く方法をご紹介します。

この段階に発展していくためには、さすがに人目のつく場所では難しいので、居酒屋であれば個室、最低限カウンターの端の場所などが理想となります。

一番そういった場所で最適なのはカラオケですので、トークで良い雰囲気になっている状態でしたら、積極的に今の場所から店を変えて行きましょう。

歌を歌うだけがカラオケではありません。もちろん歌を口実にはしますが、女性によっては歌うのが苦手な人もいますので、トークベースでたまに自分が歌うという約束の下誘っていくと、ここまで雰囲気が良くなっている場合、まず断られることはないと思います。

カラオケであれば、対面で座ったりするようなことがあれば、「見つめ合うとお見合いみたいだからそっちいくよ」っと強引にでも口実を作って隣に座るようにします。

今まで共感や未来の共有、性へのトーク、軽いボディタッチを順当にしてきたのであれば、かなり強引な理由でもまず拒否はされない状態になっていますので、ここは自信を持って隣の位置を確保し、触れていける距離を保つようにして下さい。

そしてカラオケにしろ居酒屋などの個室にしろ、人目に付きにくい場所で隣の位置に陣取ることが出来たら、段階的に体の距離を近づけていくようにします。

ここで焦ると折角の良い雰囲気が全て壊れて、普通にもっていけるはずのセッ○スをみすみす逃してしまうことになりますので、慎重にかつ男らしく積極的に行くようにしていきましょう。

言葉で言うと難しいですが、積極的にはいくけど、ちょっと雰囲気がまずそうならば、引くこともするのが慎重かつ積極的ということになります。

押すのが7割にしても、引く3割は忘れないようにしましょう。

そして隣のポジションを確保しましたら、まずは冗談を言いながら肩をたたいたりの状態を作ります。

そして、その後にかなり重要なテクニックですが、小声で耳元で話しかけるようにします。

特に居酒屋やカラオケは声も通りにくいですので、近付いて耳元で囁くきっかけも作りやすいです。
さらに女性は耳が性感帯であることがほとんどです。

耳を刺激することにより、エッ○する雰囲気を醸し出し、スムーズにキスへと発展させて行くことが出来ます。

耳元で囁きながら、手を握る。

「なんかデートっぽくなってきたね!」っと言いながら、腰に手をまわしていく。

「もっとドキドキしてみない?」っと言いながら、ハグに持っていく。

そしてそのままの状態から「静かにキス」へと持っていく。

この一連の動作は慣れてくれば、歯を磨くがごとく無意識にスムーズに出来るようになります。

既に個室で隣の席に座れている段階なら、ミスしなければ経験上100%ここまで持っていくことは出来ます。

もし無理な女性なら、デート1,2回目で共感や共有トークや軽いボディタッチだけで個室までついてくることはありません。

ですので折角個室などまで誘導出来るくらい雰囲気がよくなっていれば、普通に段階踏んででアプローチしていけば、まずキスまで運べますので、ミスらないようにすることがとても大事になります。

キスまで持っていければ、セッ○スも目前といっても過言ではありません。

そして、その状態はどのような女性も彼女にすることが出来る選択を、ほぼ男性に与えられたことになります。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]