ホーム»体験談»女性向け» 【出会い体験談】30代女性:みぃさんのマッチングアプリ体験談

【出会い体験談】30代女性:みぃさんのマッチングアプリ体験談

女性向け
本記事では、 コンパde恋プランで出会った男性と結婚した30代女性:みぃさんに体験談をお伺いしています。 

■みぃさんのプロフィール

みぃさん
みぃさん

神奈川県横浜市に住んでいる36歳のみぃです。

職業は接客販売です。

趣味はショッピング、カラオケ、ファッション、メイクで、どちらかというとインドア派です。

マッチングアプリを使おうと思ったきっかけ

離婚してしまったので、その後、彼氏、再婚相手を探そうと思い、マッチングアプリを使い始めました。

マッチングアプリで出会った人とどうなったか

あきの
あきの

みぃさんは大変多くのアプリを使用されていたのですね。

みぃさん
みぃさん

はい。バツイチということもあり、早く良い人を見つけたかったので、色々なアプリに登録していました。

女性は無料のサイトも沢山存在するので出会い系のサイトに登録しておくだけなので、出会いの機会を増やすことに専念しました。

また、婚活パーティや街コンにも積極的に参加していました。

マッチングアプリで相手に求める条件

こだわりポイント

  • プロフィール写真がある人(プロフィール写真の顔がスタンプやマスク、サングラスなどで隠れていない人)
  • ルックスに好感が持てる人
  • プロフィールの自己紹介文が適切な言葉と長さで書かれている(「はじめまして。」だけしか書いていない人や、逆に何回も画面をスクロールしないと読めないくらいにびっしり書いてある人、タメ口が多い人は避けていました。)
  • 居住地:神奈川県横浜市
  • 年齢:28歳~42歳
  • 学歴:高卒以上
  • 身長:170cm以上
  • お酒:たまに飲む、飲まない
  • タバコ:吸う、非喫煙者の前では吸わない
  • 最終ログイン:約1年前
  • 出身地:神奈川県横浜市、東京都
  • 年収:400万円以上(高すぎる人は怪しいので)
  • 結婚に対する意思:すぐにでもしたい、2~3年のうちにしたい、いい人がいればしたい
  • 出会うまでの希望:メッセージをやり取りしてから
  • 相手の子供の有無:無

マッチングアプリを利用した感想

コンパde恋ぷらん

コンパde恋ぷらんは、会員登録をして、サイト内で自身の希望条件を設定すると、合コンをセッティングしてくれるというサービスです(詳細はこちら)。

合コン会場となる飲食店の予約をしてくれるため、手間がかからなくてよいと思い、何度か利用しました。

みぃさん
みぃさん

元旦那と初めて会ったのはコンパde恋ぷらんの合コンでした。

あきの
あきの

このエピソードについてはこちらでお伺いしています。

マリッシュを利用した感想

マリッシュを選んだ理由は、「バツイチの再婚を応援」的なキャッチコピーがあり、自分の状況に合っていると思ったからです。

初めて使ったアプリでしたが、操作方法も分かりやすく、始めてから早い段階で何人かの男性とマッチングできました。

マリッシュでは、実際にお会いしてから何度も一緒にいろんな場所に行った方がいました。

私はその方に対して恋愛感情がありましたが、お相手はそうではなかったようで、恋人関係にはなりませんでした。

その方とは知り合って約3年たった今でもたまに連絡が来る友達のような関係が続いています。

その他、

  • 私が「お酒を飲みたい」と言ってお会いしたのに車で来た人
  • 飲食店で私が食べたくて頼んだ料理を断りもなく勝手に食べてしまうような常識外れな人

などとの出会いもありました。

ちなみに、マリッシュは再婚を応援というコンセプトではあるものの、マリッシュを利用して私が出会った男性は全員離婚歴のない方々でした。

このマッチングアプリでは、

  • 頂いた「いいね!」は約20回
  • 送った「いいね!」は約10回
  • マッチングしたのは約3人
  • お会いした方は約3人
  • お付き合いした方は0人

です。

ユーブライドを利用した感想

ユーブライドを選んだ理由は、いろんなマッチングアプリを使ってみようと思って検索した時に、このアプリが上位に表示されていたので、利用者が多いと思ったからです。

ユーブライドでは3人の方とお会いしており、お会いした後も話が弾みました。

そして、その中の一人の男性と現在交際しています。

ユーブライドでは、

  • 頂いた「いいね!」は約20回
  • 送った「いいね!」は約5回
  • マッチングしたのは約3人
  • お会いした方は約3人
  • お付き合いした方は1人

です。

■コンパde恋ぷらんで出会ったAさんと結婚

サービス利用のきっかけから合コン当日まで

その頃、他の男性と失恋した私を元気付けるため、友人が「合コンでも行ってみない?」と言ってくれたのがきっかけで、コンパde恋ぷらんを利用しました。

コンパde恋ぷらんでは、会員登録をしてから

  • 希望の開催場所
  • お相手の年齢や職業などの条件

を設定します。

そして、

  • お相手を検索し、お誘いして、相手が承諾する
  • お相手からのお誘いが来て、こちらが承諾する

のどちらかで合コンの開催が決まります。

コンパde恋ぷらんのサイト上でAさんから合コンのお誘いがあり、開催地や年齢などの条件が合っていたので、お誘いを受けて合コン開催が決定しました。

2対2の合コンとなり、お相手は会社の同僚同士ということでした。

当日は、運営が予約してくれた個室の居酒屋で2時間程過ごし、その後2次会でカラオケに行きました。

Aさんたちとの合コンの前にコンパde恋ぷらんで2回ほど合コンをしましたが、Aさん達との会が一番楽しく、2次会まで行ったのは初めてのことでした。

その日、なんとなくAさんは私に気がある素振りだったので、私も少し気になっていました。

そして、帰りに皆で連絡先を交換しました。

その日から、Aさんと毎日メールのやりとりをはじめ、数日経ってからAさんから電話をしたいと言われたので、電話もするようになりました。

そして合コンから一週間後、2人で出かける事になりました。

交際開始

Aさんとの初デートの場所は横浜市の八景島シーパラダイスでした。

初めて2人で出かけたその夜にAさんから「付き合って下さい」と告白されて、付き合う事になりました。

お互い実家暮らしだったので、付き合ってからのデートは、

  • 動物園
  • 映画館
  • ショッピングモール

など、どこかに出かける事が多かったです。

付き合って1ヶ月ほどした頃、Aさんの実家の遊びに行き、そこでAさんのご両親にご挨拶をしました。

Aさんのご両親はとてもいい方で、すぐに打ち解けられました。

この日ぐらいからAさん、Aさんのご両親、私のそれぞれが結婚を意識していたと思います。

それからはAさんの実家に頻繫に遊びに行くようになり、ご家族とも仲良くさせてもらいました。

ただ、私が家業を手伝っていたため、実家を出ることが難しく、交際開始から3年がたったこの頃でも、まだ2人で暮らすことはできませんでした。

交際中して同棲

Aさんと私は休みの曜日が同じだったので、毎週会い、毎日電話もしていたため、とても幸せを感じられました。

外に出かけることもあれば、Aさんのお家に行き、ご飯をごちそうになることも多かったです。

交際開始から4年が経った頃、やっと私が家を出られることになったので、同棲を始めました。

同棲開始から数日後の私の誕生日にAさんからプロポーズをされました。

結婚を意識した交際だったので、驚きなどはなかったですが、嬉しかったです。

それからは、仕事と家事の両立に苦戦しながらもAさんとの楽しい生活を送りました。

交際記念日に入籍

Aさんと同棲を始めた年の交際記念日に入籍をしました。

これで夫婦になったのだと不思議な感覚でしたが、幸せでした。

そこからも毎日楽しく2人でいろいろ考えながら生活を続けていました。

相変わらず向こうのご家族とも仲良くさせてもらい、順調な結婚生活だったと思います。

結婚生活3年半で夫の不倫により相手が妊娠して離婚

2人とも子供は欲しかったのですが、なかなか授かりませんでした。

そんな中、家を買うことになり、私の実家から車で15分くらいの場所に気に入った家を見つけて購入し、引越しをしました。

新しい家で暮らすようになり、約1年が経とうとしていた頃、Aさんが家庭を持った女性と不倫をして、しかもその相手が妊娠したことが発覚しました。

いきなり底の見えない大きな暗い穴に落とされた気分でしたが、不倫して相手を妊娠させるようなAさんとは一緒にいられるはずもなく、離婚し、私は実家に戻りました。

入籍から約3年半の結婚生活でした。

Aさんとの時系列まとめ

  1. コンパde恋ぷらんでの合コンで知り合う
  2. 合コンから一週間後に交際開始
  3. 交際開始から3年で同棲
  4. 交際開始から丸4年の記念日に入籍
  5. 入籍から約3年半でAさんの浮気が発覚して離婚

■ユーブライドでDさんと出会う

Dさんとユーブライドでマッチングした時は、どちらから「いいかも!」をしたのかを覚えていません。

プロフィール写真を見た時に、好みのタイプだったので、やりとりを始めたという記憶があります。

この時の私には、他にもやりとりをしていた方がいたのですが、Dさんのメッセージがとても丁寧だったことから好感が持てたため、Dさんともメッセージをしていました。

当時の私は、2日ほど相手からの連絡がない場合、その人をブロックしていました。

ただ、女性とは違って、男性は連絡がマメでない方も多いということを学び、すぐにはブロックしないようにしました。

Dさんと出会ったのはその後のことで、Dさんは、2~3日連絡がないこともよくありましたが、「遅くなってすみません」と丁寧に謝罪のメッセージが来たので、続けてみようと思ったのです。

Dさんとの初デート

私は不定期休み、Dさんは日曜休みと休日が合わなかったので、私が希望休を取り、マッチングから2ヶ月ほど経った頃に初デートをしました。

その日は、お互いに行きやすい横浜駅で夕方に待ち合わせをしました。

待ち合わせの時は、先にDさんが私を見つけて声をかけてくれました。

Dさんは、ユーブライドのプロフィール写真よりもさらに私の好みのタイプだったので、とてもワクワクしたことを覚えています。

合流した私達は、まず横浜駅近くにあるカフェに行きました。

そのカフェでは、

  • お互いの仕事
  • 学生時代について
  • 地元の話(お互いの地元が近かった)

などの話で盛り上がり、笑顔になることも多かったですが、Dさんは緊張していたようで、私の顔をあまり見てくれなかったように思います。

カフェを出た頃にはもう夜ご飯の時間だったので、ご飯を食べにハンバーグとステーキが食べられるお店に入りました。

Dさんと私は同じメニューを頼み、かけるソースだけ違うものにしてシェアして食べました。

私はシェアしてご飯を食べられる男性が好きなので、さらにDさんに対する好感度が上がりました。

食べ終わった後、これからどうするかという話になりましたが、この日が初対面ということもあり、この日はこれでデートを終えて帰ることにしました。

それぞれの電車のホームに向かい歩いていると、Dさんから「またお会いしたいです。」とLINEが入って今までお会いした方の中で一番早いタイミングでの連絡だったのと、私も同じ思いだったので嬉しかったです。

Dさんとの2回目のデートでホテルに誘われて体の関係になる

初回のデートの後も連絡を取り合い、同じ月に2回目のデートをしました。

2回目のデートでは、Dさんに車で私の職場まで迎えに来てもらい、ご飯を食べて、カラオケに行きました。

カラオケでは何度も延長をして、帰る頃には24時とかなり遅い時間になりました。

Dさんに「もう少し時間大丈夫ですか?」と言われ、その後は車で私の家まで送ってくれるのかと思いましたが、着いた先はまさかのホテルでした。

私は、いきなりホテルに連れてこられたことに愕然としましたが、そのホテル周辺の土地勘もなかったのでDさんについていき、部屋に入ってしまったのです。

はじめ、私はその部屋で「告白もされてないのにHはできない。」と体の関係になることを拒否していましたが、Dさんに「告白はこういう場所ではないところで改めてしたい。」と言われたことと、この時にすでにDさんのことが好きになっていたことから、その日に体の関係になりました。

ホテルからの帰りの車で、Dさんに「今日だけとか、ヤリモクとかのつもりは全くない」と言われたのを覚えています。

3回目のデートの告白で交際開始するも、短気なDさんを目撃する

「ヤリ目のつもりはない」という2回目のデートの言葉通り、Dさんとの3回目のデートで海に行った時に告白をされました。

そして、同時に「俺は一緒にいるのはいろんな形があると思っていて、結婚が全てじゃないと思ってるんだ。」と、Dさんに結婚する意思はないと言われてしまいました。

私は、結婚も考えてほしかったものの、Dさんのことを好きな気持ちが強かったので、結婚に関しては後々考えて行こうと思い、OKの返事をして付き合うことにしました。

お付き合いしたばかりの頃は、Dさんの人間性に特に問題はなかったのですが、半年ほど経った頃に、今まで見たことがないDさんの様子を目の当たりしてしまいました。

それは、普段の優しいDさんではなく、目つきも別人のようにイラついた姿でした。

Dさんは実はたまに怒りだす短気な性格のようで、このことは、前に電話で話していた時に言われたことがあったため、このことなのかと理解しました。

ただ、切り替わりも早く、すぐに普段の優しいDさんに戻ったので、あまり触れないようにしました。

そしてそのまま、交際して1年を過ごし、たまにイライラするDさんを見ることもありましたが、放っておくのが一番だと思い、やはり触れないようにしました。

この頃からDさんの一人暮らしの家によく泊まる半同棲のような状態になり、食事を作る、掃除をするなどの家事は私が行うようになりました。

Dさんが「ありがとう」ととても言ってくれる人であることや、私が家事は嫌いではない性格であったことから、私が家事担当であることに嫌な気分にはなりませんでした。

みぃさんからお別れを切り出すも関係修復する

交際から1年半ほどたったある日、Dさんのイライラしているよくない雰囲気の時に、彼が「やっぱり結婚は考えてない」と言ってきました。

そして、普段ならそのままDさんの家に泊まる流れでしたが、「送るから」と言われ、私の家まで送られてしまい、さらに別れ際に「今仕事が忙し過ぎるからしばらく会わないで休もう」と言われたのです。

その後の会わない時間にいろいろと考えた結果、私は別れようと思いました。

Dさんに結婚する気がないのであれば、一緒にいる意味がないと思ったことが最も大きな理由です。

Dさんに連絡をして別れ話を切り出すと、「会って話がしたい」と言われました。

しかし、お互いの予定が合わないため、なかなか会えず、別れ話ができないまま、その一方で私はマッチングアプリを始め、Dさんとの関係を終わらせることを考えていました。

その後、やっとDさんと会って話をすることができました。

会わない期間ができて離れていたからか、お互いにいろいろと考えた結果、まだ好きな気持ちは変わらず、別れたくないという想いが強かったので、交際を続けることにしました。

結婚についても、Dさんは前よりも前向きになったようで、たまに二人の将来の話もするようになりました。

この先まだどうなるか分からないですが、好きな気持ちがある以上は一緒にいたいなと改めて思っています。

Dさんとの時系列まとめ

  1. 2019年7月頃ユーブライドでマッチング(どちらからいいねしたかは不明)
  2. アプリ内メッセージでは1週間ほどやりとりし、その後LINEを交換
  3. LINEで2ヶ月やり取り
  4. 9月に初対面
  5. 9月中に2回目会う
  6. 10月に3回目会い、告白をされて交際開始
  7. 交際半年くらいで彼の短気な面を知る
  8. 交際1年~頻繫に彼の家に泊まるようになり半同棲状態
  9. 交際1年半~現在、順調だったがやはり結婚は考えられないと言われ、距離を置かれる。
  10. 別れを決心するも、予定が合わず、先送りになっていた
  11. 話をしたところ、まだお互いに好きなので交際を続けるということで決着。現在も交際中。

コメント