ホーム»恋愛に関するタメになる記事»結婚を考えている方向け» 男性の晩婚化が進む理由・結婚する気がない男性の特徴と対処法!

男性の晩婚化が進む理由・結婚する気がない男性の特徴と対処法!

女性にプロポースする男性結婚を考えている方向け

晩婚化が進んでしまう理由や結婚する気がないと思われる彼氏の特徴。彼氏に結婚する気がない場合の対処法

恋愛に消極的な草食系男子の考え方

草食系男子とは、恋愛において積極的にならずに恋愛や彼女を作ろうとしない男性のことを指しています。「恋愛」をするにあたって、自分にとっての「メリット」を考えてしまい、「自分は損をしている」と感じてしまうようです。女性といる時間は労力もお金も消費してしまって、コスパが悪いと感じてしまうのです。
昨今ではスマートフォンやVRゲームなど、さまざまな媒体によって娯楽が生み出されてきています。もはや楽しみい方は人それぞれで、ゲーム一つとってもジャンルが多様化しています。インターネット社会の発展によって音楽やアダルトなコンテンツも簡単に手に入れて楽しめるようになったので「恋愛」が後回しになり晩婚化が進んでいるのです。

結婚したくない男性の考え方とは?

1.メリットを感じない
恋愛において、自分の「メリット・デメリット」を考えてしまっているのです。恋愛とは損得の問題ではありませんが、どうしても自分が損をしたくないと考えてしまいます。

2.書類関係がめんどう
お役所事が苦手だと言う人は珍しいことではありません。結婚に関しては戸籍にかかわることですから、色々な手続きがあります。書類関係がめんどうだと感じてわざわざ結婚しなくても良いと思うのです。

3.彼女の家族・親戚と関わりたくない
お互いの家族に挨拶しに行ったり、彼女の両親や兄弟と交流を深めなくてはならなくなります。彼女の家族と仲良くできなかったり関わるのがめんどうになってしまうと、結婚することがメリットに感じられなくなってしまうのでしょう。また彼女と自分の両親が仲良くなれないのではとも感じてます。

4.責任に耐えられない
女性と結婚すると言うことはその人のことの「責任を持つ」と言うことであると世間的にも捉えられてしまっています。必ずしも男性が一人の女性のすべてを責任を持つわけではありませんがそう言った世間からの「重圧」に耐えられなくなってしまうのです。人ひとりの人生を自分は背負うことはできないのだ、と感じてしまって耐え切れなくなってしまうのです。

5.自信がない
結婚に関して男性はかなりの「重圧」を感じることが多いでしょう。自分は彼女と結婚をして責任を取ったり彼女のことを幸せにできると言う自信がありません。そもそもネガティブ思考だったり自分に自信がない男性が陥りやすいです。

6.お金の心配が大きい
結婚をすると言うのは一大イベントですよね。結婚披露宴や親せきへのあいさつ回りなど、やることがたくさんあります。そう言ったイベントごとにもお金がかかりますし、場合によっては一人で暮らしていた以上にお金がかかります。これまで一人だった生活費など、さまざまなことが二倍になるわけです。これまでの稼ぎではどうにもならないのではないかと思ってしまうのです。

7.趣味の方を優先したい
これまで一人だったため、趣味に時間やお金を費やしていたのに結婚したことによって自分の趣味の時間が減ってしまうのではないかと思ってしまうのです。結婚したことによって、彼女が家庭に入ったらどうでしょう。ましてや子供ができたとしたら、これまでできていた趣味の時間がほぼなくなってしまうと言っても過言ではありません。

8.結婚した友人がいない
ある程度の年齢になってくれば、幼馴染や友達など周りの人間が結婚していくことも多いでしょう。しかし昨今の晩婚化によって、20代に入っても結婚しない人の方が多くなっています。それによって周囲の人がみな、独身なのです。友達が結婚して幸せな姿を見せていると、羨ましく思ったりそろそろ自分たちも結婚の時期だろうかと思ったりもするでしょう。単純に結婚が現実として考えられないのです。

9.仕事が不安定である
必ずしも男性がみなサラリーマンとして就職するわけではありません。自営業だったりフリーランスである可能性だって考えられますよね。又、昨今、サラリーマンであっても社会情勢が不安定なため、倒産や解雇等により職を失うか解りません。男性の収入が不安定では、仕事がなくなったりしたときの責任が大きくなってしまいます。

10.彼女の方が稼いでいるから
男性の責任が大きいから結婚したくないと思う一方で、見栄を張りたいと言う心理もあるのです。彼女の方が男性よりも圧倒的に稼いでいると、男性といての自尊心が損なわれます。

11.子供が欲しいと思わない
女性は子供が欲しいと考えている人も多いので、結婚したのなら次は妊活しようと考える人も珍しくはありません。男性側がそれほど子供が好きではなかったり、特別ほしいと感じていないことも多いのです。

12.もめ事が怖い
結婚することによって、これまで他人だった二人が共同生活を始めるようになります。一緒に生活することによって、幸せなことだけではなく「もめ事」も出てくることでしょう。生活費や生活スタイルなど、ほんの些細なことをきっかけとして女性と喧嘩したりもめ事が増えてしまいことだってあるでしょう。それが怖いのです。

13.幸せそうな既婚者を見たことがない
結婚に対してネガティブな印象を持っている人も多いようです。テレビでの夫婦のもめ事特集や嫁さんの本音、など結婚生活を幸せに過ごしている姿を見たことがない人も多いようです。また仕事の上司や友達からも、ネガティブな話や愚痴ばかり聞いて結婚は幸せになれないと思っています。

14.トラウマを持っている
過去にプロポーズをして断られた経験があったり、結婚を考えていた彼女に裏切られてしまった経験があった場合、今回ももしかしたらそうなってしまうのではないか、と言ったように考えてしまって結婚に踏み切れないのでしょう。

15.そもそも女性に関心がない
そもそも恋愛にあまり積極的ではなかったり、女性に対して関心が薄い男性は結婚したいと思わないでしょう。女性に対して魅力を感じなかったり、性的な欲求が沸かないとわざわざ恋愛しようとも思いません。わざわざ恋人を作らなくても性欲を発散できるし、めんどうな恋愛駆け引きだったりデートだったりをしなくていい、と思っている男性も珍しくはありません。

16.恋愛と結婚は別物である
恋愛は楽しむものであり、結婚は家族を築くものであると捉えてるのでしょう。よくセックスレスに悩む夫婦の理由の一つに「家族感」が沸いてしまって性的魅力を感じない、と言った理由もあるのです。いつまでも恋愛していたいと言う思いが強い男性ほど、結婚したくないと考えているようです。

17.もっと遊びたい浮気心
色々な女性と「遊びたい」と言う欲求がいつまでも捨てられず、結婚したくないと思っています。結婚をしてしまったら、浮気がばれたときめんどうだと感じているのです。

18.プライベートに踏み込まれたくない
自分だけの空間や時間を何よりも愛しているため、他人にその空間に入り込まれてしまうのが苦痛でしかありません。それ例えどんなに愛した女性でも嫌なのでしょう。彼女ができたとしても家に招きたがらなかったり、会わない時間を作りたい男性は、結婚に後ろ向きであると考えられます。

19.結婚と言う制度に疑問を持っている
なぜ籍を入れる必要があるのか、カップルのままでも何ら変化はないし問題はないだろうと思っている人も最近では珍しくありません。わざわざ婚姻届け出さなくても「事実婚」と言う形をとる人だって増えました。パートナーと一緒にいること=結婚であると考えていないのでしょう。

晩婚化が進む原因や理由は?

昨今の女性の社会進出により、これまで女性は結婚したら仕事を辞めるもの、家庭に入るのが当たり前、と言った考えが社会で活躍するようになり、女性の収入も向上したことから、結婚と言った形を取ることが「不利」と考える女性も多く、一方で女性が活躍することにより男性が自信を失ってしまうことも多い様です。

又、昨今のスマートフォンの普及やインターネット社会の発展によってさまざまな情報を得ることが可能となり、SNSなどから一部の人の経験が当たり前のことであると偏った情報を得てしまっている可能性があります。偏った情報や意見ばかりを取り込んでしまったことによって、結婚に対してネガティブな印象を持っていたりします。

結婚したくない彼氏を見極める方法

1.見た目にこだわりがあるか
彼氏が結婚したいかしたくないかを見極める要素の一つが「彼女の見た目にこだわる」です。常に美しくあってほしいと言う欲求が強すぎる人です。やけに彼女の「見た目」にばかりこだわりがちな彼氏は要注意です。彼女のことをアクセサリーか何かのように捉えてしまっているのです。

2.お金の使い方
お金使いが荒い人は、あまり将来のことを真剣に考えていない彼氏であると言っても過言ではないでしょう。手元にあるお金をすぐ使ってしまうのは「今が楽しい」と言う考えの表れであると言われているのです。

3.優しすぎる彼氏は注意
優しい人ならいいのでは?とも思われがちですが、逆に将来を考えていないと捉えられるのです。悪い部分もすべて許せるなんて、結婚を考えているならあり得ないことでしょう。つまりそれほど真剣ではないのです。

4.同棲したがらない
彼女との同棲を拒んでいるのであれば結婚したくない彼氏である可能性が高いでしょう。プライベートまで一緒にいたくないと考えているのです。

彼氏が結婚に消極的だった時の対処法

1.責任感を和らげてあげる
まずは「責任感」を取り払うことです。金銭面に関してはこれまで通り折半で問題はないし、結婚したあとも働きたいと言う意志を伝えてあげましょう。

2.お見合いを進められてると言う
ある程度の年齢になってくれば、女性の両親だって心配するでしょう。そんなとき「お見合い」の言葉を親とともに出せば「誰かに彼女がとられてしまうかも」と不安に思います。男性心理を利用したようにも思われますが、効果的です。

3.少しだけ距離を置いてみる
もしも彼氏が結婚に対して実感がわかないようであれば、少しだけ物理的に距離を置いてみましょう。人はときに、失ってから大切な存在に気づくとも言われています。少し合わない時間を作ることで彼女のことが大切であったと、彼氏に自覚させましょう。

個性を重視する時代だからこそ晩婚化が進んでいる

昨今では様々な媒体によって娯楽が存在しており、「結婚」自体が後回しになってしまっていると考えられます。

女性も男性も、今では「個性」を大切にする時代になりつつあるのでしょう。家族のつながりと言うよりも個人の目的の方が大切になっているので晩婚化が進んでしまっているのです。確かに結婚がすべてではありませんが、もしも大切な彼氏が結婚したがらない人だったら、解決策を考えた方がいいかもしれませんね。

結婚を意識する、と言うのは男女問わずあり得ることでしょう。特に女性は彼氏がいつ「プロポーズ」してくれるかどうかと、悩んでしまうこともありますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WPB\MissedScheduledPostsPublisher\wp_nonce_tick() in /home/c8170941/public_html/mirrormaster38.com/wp-content/plugins/missed-scheduled-posts-publisher/inc/namespace.php:39 Stack trace: #0 /home/c8170941/public_html/mirrormaster38.com/wp-content/plugins/missed-scheduled-posts-publisher/inc/namespace.php(165): WPB\MissedScheduledPostsPublisher\get_no_priv_nonce() #1 /home/c8170941/public_html/mirrormaster38.com/wp-includes/class-wp-hook.php(324): WPB\MissedScheduledPostsPublisher\loopback('') #2 /home/c8170941/public_html/mirrormaster38.com/wp-includes/class-wp-hook.php(348): WP_Hook->apply_filters(NULL, Array) #3 /home/c8170941/public_html/mirrormaster38.com/wp-includes/plugin.php(517): WP_Hook->do_action(Array) #4 /home/c8170941/public_html/mirrormaster38.com/wp-includes/load.php(1270): do_action('shutdown') #5 [internal function]: shutdown_action_hook() #6 {main} thrown in /home/c8170941/public_html/mirrormaster38.com/wp-content/plugins/missed-scheduled-posts-publisher/inc/namespace.php on line 39